公共機関の方向けのTwitter開始の手引き



Twitterアカウントの運用を始める前に

Twitterでできることを知る

Twitterのサービス内容は、Twitter社のヘルプセンターのページ[1]で確認することができます。また、「ツイナビ」~TwitterガイドサイトのTwitterの使い方[2]のページにも使い方についての情報があります。

アカウント運用ポリシーを決める

Twitterアカウントの運用を何のために行うのかをはっきりとさせた上で、アカウント運用ポリシーを決めましょう。特に、Twitterは、双方向のコミュニケーション機能を有していますが、基本的に一方通行の情報発信用途で用いるのか、あるいは、積極的に寄せられたコメントに対して返答を行っていくのかは、あらかじめ決めておいた方がいいでしょう。

すでにTwitterアカウントを運用している機関を参考にする/わからないことは、聞いてみる

Twitterアカウントの運用をはじめるにあたっての方針を決めるには、他の機関がどのような運用を行っているのかを参考にするのが一番の近道です。国、自治体、独立行政法人等の公共機関が運用を行っているTwitterアカウントの一覧は、こちらにありますので、参考にしてください。また、わからないことは、既にTwitterアカウントの運用を行っている機関に相談してみましょう。既にTwitterアカウントの運用を行っている機関には、新規でTwitter運用する際のサポートを行っているところもありますので、わからないことは相談してみましょう。 北海道陸別町(リンク) 新規でTwitter運用する際のサポートを行っている。

Twitterアカウントを取得する

Twitterアカウントの取得を行いましょう。Twitterアカウントの取得方法は、Twitter社のページ[3]をご覧ください。

プロフィールの設定とアカウント運用ポリシーの明示を行う

Twitterアカウントのプロフィール設定を行いましょう。プロフィール設定の方法について解説した、Twitter社のページ[4]を参照しながら、アイコン画像、名称、自己紹介、位置情報、Web等の各欄の変更等の設定を行っていきます。名称には、Twitterアイコンの運用を行う機関の名称を入力します。特定の部署のみでの運用を行う際には、部署名まで入力した方が良いでしょう。また、自己紹介には、Twitterアカウント運用の目的や、1.2で検討した運用ポリシーを記載しておきましょう。運用ポリシーについては、長くなる場合には、自己紹介欄に書くのではなく、次の4 ホームページにTwitterアカウントの開設を行ったことを掲載する、で作成するページ上の掲載の中に含めてもいいでしょう。 Webの欄には、次の4 で作成するページのURLを記載します。4 の作業を行ってから、再度、プロフィール設定をし直してもよいでしょう。

ホームページにTwitterアカウントの開設を行ったことを掲載する

ホームページ(自身が管理するWebサイト)に、Twitterアカウントの開設を行ったことを掲載しましょう。運用を行うアカウント名もしくは、当該アカウントのページへのリンク(http://twitter.com/アカウント名 )を掲載したページをできるだけわかりやすい場所に作り、ホームページのトップを見に来た方がTwitterアカウントの運用を行っていると容易にわかるようにしておくことが重要です。

公共機関アカウントの登録を行う

twitter社のページ[5]から、登録の手続きを行いましょう。 この登録の手続きについては、twitter社のサイトにある案内を参照してください。

認証済みアカウントが取得された場合には、アカウントのページ(http://twitter.com/アカウント名 )に認証済みアカウントであるマーク(マーク画像)が表示されます。


Comments